トイレ修理は専門業者に依頼|費用を比較する

男性

専用の機材で効率良く

作業員

排水管内の洗浄も

トイレのつまりは、原因によっては個人でも解消が可能となっています。たとえば掃除中に誤って雑巾などを排水口に落としてしまい、それが比較的浅い部分に引っかかっていた場合には、ラバーカップを使用すれば取り出すことができます。また便やトイレットペーパーの塊がつまった場合には、お湯を流すことで軟らかくすれば、つまりが解消されやすくなるのです。しかしこれらが排水管の奥につまった場合は、ラバーカップやお湯では解消することが困難なので、修理業者を呼ぶ必要があります。またラバーカップが手元になく、なおかつ買いに行くのが難しい深夜などの時間帯につまりが発生した場合にも、業者に連絡すれば修理してもらうことができます。業者の多くが、24時間いつでも修理を受け付けているからです。業者は、排水管の深い部分に入り込んだ雑巾やトイレットペーパーでも、業務用の強力なポンプでしっかりと吸い寄せます。また、排水管内に多くの汚れが付着していて、それがつまりの原因となっていることもあるのですが、その場合は高圧洗浄をします。しつこい汚れについては、ファイバースコープを排水管内に入れ、位置を確認しながらピンポイントで除去します。このように業者は、専用の機材を使いながら効率良く修理するのです。その分つまりはスムーズに解消されますし、なおかつ排水管内がきれいになることから、修理後はトイレトラブルのリスクが低下します。こういったメリットから、最初から自力ではなく業者を頼りにするという人も多くいます。